投資における配当金と買付単位

株式に投資をすれば配当金を得ることができます。それを目当てに株を買うのは、手法としては自然なことです。個人でも簡単に買うことができて、例えば1株が1万円の株式があれば買ってみようかと思うこともあるのではないでしょうか。しかし、1株が1万円の株式を1株だけ買うことができない場合があります。通常、買付単位が定められているからです。

買付単位は、それぞれの銘柄によって異なります。例えば、単位が100株であれば、1万円の株を買うときに100株からしか買うことができず、そのために100万円の資金が必要となります。配当金は情報としては1株あたりで表示されていることが多いですが、その際に銭の単位まで表示されていることがあります。通常は買付単位で取得しますから、銭の単位まであっても実際に受け取る配当金は円の単位になります。

売買単位が小さければ投資はしやすいです。この数値は、発行する企業が自由に決めることができます。ただ、東京証券取引所は取引をしやすくするために、数十万円くらいの資金で買うことができるような買付単位の設定を推奨しています。ですから、一流企業の株式を取得するときにも、それほどおきな資金がなくても買うことができるようになっています。投資しやすくなっているのは偶然ではなくて、そのように買付単位が調整されているからです。

企業としても、多くの個人投資家が株主になってくれたほうが経営は安定します。そのために、個人投資家が買いやすいように設定しようというインセンティブが働きます。投資しやすくすることは、買う人にとっても魅力的なことですが、企業にとっても経営を安定させるというメリットもあるのです。

トップページへ