フォード株と住石HD株価の投資情報

証券会社に口座を開設すれば、上場している日本企業への株式投資が行えます。また、アメリカ企業の株式に投資することが可能な証券会社も、一部ながら存在しています。なお、米国株に投資する際の注意点としては、取引手数料が比較的高いことや、為替リスクが発生し得ることなどが挙げられます。
ではここで、日米両国の企業からそれぞれ1社を選び、最近の株価動向に注目してみましょう。まずは、アメリカの自動車大手、フォード・モーターです。世界の自動車王と呼ばれたヘンリー・フォードが1903年に創業した企業で、ミシガン州デトロイトの近郊に本社があります。ニューヨーク証券取引所に株式を上場しています。フォード社の最近半年ほどの株価動向は次の通りです。2015年3月下旬に16.74ドルという52週高値を付けたフォード株は、ここから数か月ほどは緩やかな下げ基調で推移してきました。そして、8月後半に急激な下落に見舞われます。8月24日には52週安値となる10.44ドルを記録しました。その後の株価は、上げ下げを繰り返しつつも上向き基調に転じており、10月27日には場中の高値で15.84ドルを付けるまでに回復します。2015年10月28日現在のフォードの株価は14.97ドルです。
さて、次に注目するのは、住石ホールディングス株式会社という日本の企業です。同社は、住友グループの鉱業事業を統括している持ち株会社で、東証1部に株式を上場しています。では、住石HD株価についても過去半年間の値動きに注目します。2015年4月下旬に120円ほどであった住石HD株価は、ここからおよそ4か月間ほぼ横ばいでの推移が続きます。しかし、その後に急落し、8月25日、年初来安値である92円を付けました。ここから1か月ほどは安値水準で推移しますが、その後は回復基調に入ります。2015年10月29日現在の住石HD株価は116円です。

トップページへ