初心者が陥る投資の落とし穴

投資の成功率はそれぞれの投資家の知識や経験に左右される部分が少なくありません。
株式にしろFXにしろ今後の経営状況予測のためのノウハウがあればそれだけ確実性の高い見通しが立てられるでしょう。
この原則はその他の投資の分野においても基本的に変わることはありません。
さて、ではそうして知識や経験に影響される投資と言う分野において初心者が陥りやすい落とし穴としてはどういったものがあるでしょうか。
これにはいくつも挙げられることがありますが、特に重要になるのは「損を受け入れるかどうか」の判断でしょう。
例えばここまである株式に対して100万円投資したのに現状で既に5万円の損が出ている、価格変動は現状でも続いていて安定が見られないというような状況の場合、そこに対して感じることはさまざまです。
しかし初心者がここで陥ることが多いのが「もしかしたら今後持ち直すかもしれない」という考え方なのです。
確かに持ち直す可能性はゼロではありませんが、すでに大きく価値が目減りしているわけですからそこから持ち直すことに過度に期待しすぎてはいけません。
むしろここで考えるべきとなるのは「上がるかどうか」ではなく「下がるかどうか」でしょう。
今回の例においては「既に5万円の損が出ている」という状況にあるわけですが、もしここからさらに株価が下がるとその損失は5万円から10万円まで増えてしまう可能性もあります。
最悪の場合には投資先となる会社の倒産によって、保有する株式の一切が無価値になる可能性もあるでしょう。
さて、もしこの5万円の損が出ている段階で損を受け入れて決済に入れば損失は当然5万円ですが、もし会社が倒産すれば損失は100万円、実に95万円も損失が増えることになるわけです。
こうした損を受け入れる判断は「損切り」とされていますが、初心者はこの判断が出来ずに損をしてしまいがちですので注意が必要です。

投資で成功する人と失敗する人

自己資産を増やそうと投資をする人は年々増えていますが、全員が成功して資産を増やせるとは限りません。
では投資で成功する人と失敗する人がいるのはどうしてでしょうか。
投資は銀行の預貯金などと違い、何も考えずに行っていたら確実に資産を減らしてしまいます。
投資で確実に資産を増やしていくためには世の中の経済に敏感にならなければなりません。
毎日でなくても、最低でも週に1回くらいは自分の持っている株や債券の相場をチェックし、明らかに相場が下がっていたらそのための対策を立てなければなりません。
失敗している人の多くは株や債券を購入したらそのままであったり、相場が下がっても本来なら損切りをしなければならない場面で、また上がるだろうと持ち続け損失を増やしてしまいます。
そうならないためにも相場のチェックを欠かさず、またニュースや新聞をマメに確認して経済に敏感になっておく必要があります。
また、投資で成功している人は1つの金融商品を保有するという事はしません。
投資には「卵は1つのカゴに入れるな」という格言があります。
1つのカゴに卵を入れていた場合、そのカゴが落ちてしまったら中に入っている卵は全て割れてしまいます。
しかし、中の卵をいくつものカゴに分散して入れていた場合はたとえ1つのカゴが落ちてしまっても割れる卵はそのカゴに入っていた卵だけで、他のカゴに入っている卵は割れる事がありません。
投資もこれと一緒で、1つの金融商品しか持っていなかった場合、その金融商品の相場が下がってしまったら自分の大切な資産も全てなくなってしまいます。
成功している人は最低でも3~5つほどの金融商品を保有していて分散投資をしっかり行っています。

投資で勝つための秘訣

昔は投資と言えば、お金持ちが資産を増やすために行うものという位置付けで、資金もまとまった額がなければとても手が出せるものではありませんでした。
しかし今は不景気な時代が続き、国の借金も増え続けるばかりで老後の面倒も国民年金ではまかないきれないと言われています。
今や投資は国民全員がやらなくてはならない必須科目となってきました。
しかしただ闇雲に資産を増やそうと投資を行っても資産を増やすどころか減らしてしまいかねません。
では投資で確実に勝つための必勝法はあるのでしょうか?
残念ながら投資で確実に勝てるという必勝法は存在しません。
なぜなら投資にはリスクというものがつきものだからです。
このリスクというものは、金融商品の価格の変動幅の事を言います。
ですのでリターンが大きくなる可能性が高ければそれに比例してリスクも大きくなる可能性があるという性質を持っています。
投資は確実に勝つための秘訣はありませんが、損失を最大限に抑えて利益を上げていき最終的に資産を増やしていく方法はあります。
100パーセント確実ではありませんが、その可能性を100パーセント近づける事は可能です。
ポイントは時間を味方につけるところにあります。
例えばある株を50万円分一気に購入した場合、その後その株が下がってしまった場合は損失になってしまいますが、相場は上がり下がりを繰り返しているものですので、50万円分の株を1ヶ月ごとに10万円分ずつ、5ヶ月に分けて買えばその後株価が下がってもまた上がってくれば最終的には利益になる可能性があります。
これをドルコスト法と呼び投資を行う上では基本的なリスク分散方法になります。
確実に利益を上げていくには、このようなリスク分散の方法を勉強していく事が重要です。

■投資信託は引き際も肝心です
投資信託解約をおすすめする理由
■今注目の株の解説サイトです
注目株

トップページへ